私のニーニー・ポートレートレンズ


NO,3234(モデル=山本愛実さん)
a0183680_166425.jpg


私の【女性ポートレート撮影】において、
メインの< 使用レンズ >は、誰が何と言おうと(?)
あくまでも≪望遠系レンズ≫です。

同じ人物撮影といっても、いわゆるスナップ的
[ポートレート写真]では、煩雑な背景でも写し込んで、
撮影場所を判断させることで、写真の味付けとしています。
そのため、使用レンズ標準系から広角系レンズ
撮影されることが多いようです。

NO,3471(モデル=山本愛実さん)
a0183680_16113063.jpg


ところで、
私の≪野外ポートレート作品≫は、99%が望遠系レンズで、
その中でも、[70-200/F2.8ズーム]か[200/F2]が
圧倒的に多くなっていて、次に135/F2
85/F1.4(シグマ)の[中望遠レンズ]となっています 。

女性のモデルさんを被写体として撮る場合に、
そのモデルさん自身を如何に素晴らしく
素敵に撮るかだけを考えたら、
煩雑な背景はうるさくて汚いばかりか、
反って女性ポートレート作品の魅力を減少
させてしまうと言っても過言ではないと
私は思っています。

NO,3101(モデル=高羽恵梨さん)
a0183680_16141141.jpg


あくまでも、モデルさんがメインである限りにおいて、
劇的でインパクトのある作品が撮れるように、
煩雑な背景は出来る限り、望遠レンズで省略することにより、
モデルさんの素晴らしい表情や雰囲気ポーズ
浮き上がってくるのです。

ただ、モデルさんの立つロケーションが、由緒ある日本庭園や、
洋風の建物など、またモデルさんの持つ雰囲気
衣装などとベストマッチする場合に限り、
レンズを2~3段絞り込んで、
説明的に背景を写し込むことが必要なのは、
もちろん当然なことだと思っています。

昨年(2011年)6月
キヤノンの大口径単焦点・望遠
いわゆる[ニーニー](EF200ミリ F2 L IS USM
を所有してからは、大撮影会以外の少人数撮影会で、
私の[メインレンズ]として活躍し続けています

そして、70-200/F2.8ズームと同様、
手ブレ補正付き(IS付)なのですが、
長時間撮影(90~180分)には、
ひ弱な腕力が耐えられないため、
相変わらず[一脚付き撮影]していますが、
F2の明るいレンズのお陰で、
外付けストロボはもはや不要となってしまいました。

NO,3892(大川真代さん)
a0183680_16191314.jpg


[ニーニー]は、とにかく開放からの描写性
すばらしく、1段ほど絞ったボケも予想以上に
キレイで、このレンズだけは下取りとかで
手放すことは絶対にあり得ないと思っています。

ということで、2月14日付ブログでお話した
大口径広角単焦点レンズ≫の
EF24ミリ F1.4 L USM 】をサブ機に、
[ニーニー]をメインレンズとして、
当分の間ポートレート撮影に臨みたいと思っています

NO,4230(モデル=逢坂なぎささん)
a0183680_1622025.jpg

by Lexus-500 | 2012-02-18 16:00