議員歳費を削減の方針


NO,3407(モデル=山本愛実さん)
a0183680_10384026.jpg


民主党政府消費税増税を含む
<社会保障と税の一体改革>を推進する中、
17日、消費税率を段階的に10%まで引き上げる
事などを柱とする『大綱』を閣議決定した。

今、国民の多くが消費税増税の議論だけが先行
していると感じる中、『野田どじょう内閣』の支持率は
次第に下降
しているのが現状だ。

NO,3074(モデル=天野真衣さん)
a0183680_10425526.jpg


そんな中、与党民主党は27日、
野田佳彦首相が強い決意を示す[消費税増税]
への環境整備の一環として、[議員歳費]を
月額130万円引き下げる方針を固めたという。

というのも、国家公務員給与
平均7.8%削減する法案が、29日、参議院本会議で、
民主、自民、公明の3党などの賛成多数で成立したことから、
国会議員自らも身を切る姿勢
広く国民に示すためという側面があるのだ。

NO,3318(高羽恵梨さん)
a0183680_10475174.jpg


民主党興石東幹事長は、これまで国会議員の改革については、
憲法違反状態とされる<1票の格差>解消に向けて、
定数の削減】の課題に優先して取り組む姿勢を表明していた。

ただ、民主党の決めた削減案について、
公明党、社民党などの極めて強い反対にあい、
議論が全く進まず膠着状態となっているため、
方針転換をしたものと思われる。

NO,2770(モデル=大川真代さん)
a0183680_10521643.jpg


余談ですが≪歳費≫って、
普段の生活では聞き慣れない言葉ですが、
要は国会議員の給与をさしていて、
[憲法第49条]の歳費法により規定されている。

そして、[議員は国家公務員一般職の最高の給与額より
多い歳費
をとる]ことが、わざわざ法律で規定されているのだ。
因みに地方議員の給与は<議員報酬>と呼ばれている。

また、お節介かもしれませんが、外界に目を向けると、
アメリカの議員=年額約1700万円、
イギリスの下院議員=年額約970万円に対し、
日本の国会議員=年額約4200万円(総額)となり、
世界最高水準となっているのだ。

NO,4234(モデル=結城サヤさん)
a0183680_10561461.jpg


[議員定数]にしても[歳費]にしても、
国民の代表だからといって、
自分たちのことを自分たちだけで自由に決定するのだから、
こんなやりたい放題は他に例がない
[憲法改正]と同様に、[議員定数改定]と[歳費改定]も
国民投票≫の実施や、それに近い方法で決定しては
どうだろうか。

by Lexus-500 | 2012-02-29 16:31