2012年 02月 02日 ( 1 )

大学生の選ぶ就職先ランキング


NO,3138(モデル=山本愛実さん)
a0183680_1549076.jpg


先月31日、2013年春卒業する大学生の就職先ランキングを、
【就職情報会社ダイアモンド・ビッグアンドリード】が発表した。
※( )の中=前年のランキング

<文系男子ベスト5>        <理系男子ベスト5>               
①三菱商事(①)           ①東芝(①)
②住友商事(③)           ②日立製作所(④)
③三井物産(⑥)           ③三菱商事(③)
④三菱東京UFJ銀行(②)     ④ソニー(②)
⑤伊藤忠商事(⑮)          ⑤住友商事(⑤)

<文系女子ベスト5>        <理系女子ベスト5>
①東京海上日動火災(②)     ①明治グループ(①)
②三菱東京UFJ銀行(①)     ②ロッテ(②)
③JTBグループ(⑭)         ③資生堂(④)
④みずほフィナンシャルG(③)   ④森永製菓(⑫)
⑤三井住友銀行(⑯)        ⑤日清製粉グループ(ー)

NO,3421(モデル=山本愛実さん)
a0183680_1554521.jpg

文系トップ男子は三菱商事(6年連続)、女子は東京海上火災と
総合商社や金融機関が占め、
理系トップ男子は東芝(3年連続)、女子は明治グループが
トップの座を射止めた。

文系男子の2位、3位はそれぞれ住友商事、三井物産と
総合商社が占めた。
また、トップ10の内5社を大手総合商社が占め、
業績が好調なこと、グローバルに活躍できる格好良さが
選ばれたと思われる。

文系女子5社中の3社メガバンクで、
女性の採用数の多いことが選ばれた最大の理由ではと思われる。

理系男子は3年連続の東芝日立など電機大手が、
理系女子食品大手の明治、ロッテ、森永が選ばれ、
それぞれ女性らしい選択で人気があるようだ。

円高やギリシャなど欧州の債務危機
東日本大震災など未曾有の経済危機を背景にして、
今までにも増して大学生の大手企業志向に拍車
かかっているようだ。

前年は、理系男子で10位、文系男子でも27位だった
あの『東京電力』は福島第一原発事故が響き、
100位までにも入れなかった。

NO,3352(天野真衣さん)
a0183680_15585177.jpg


今年春卒業予定の【大学生の就職内定率】は、
(2011年12月時点)
17日、厚労省と文科省のまとめによると、『71.9%』となり、
前年よりわずか「3.1ポイント」だが改善され、
4年ぶりの上昇だという。
しかし、最悪だった前年(2011年春)を上回ったものの、
1996年以降では、[過去2番目]という低い水準
依然として続いているのだ。
そして、全国の今年春卒業予定者約55万人の内、
約12万人の大学生が『未内定者』として
推計されているという。

学生たちの多くは長期経済不況だからといって、
卒業年度を先延ばしすることも出来ず
永年に亘る就職戦線の【超氷河期】に
巡り合わせた不運に対して、一体どこに怒り向ければいいのだろうか

NO,4036(モデル=逢坂なぎささん)
a0183680_1625576.jpg

by Lexus-500 | 2012-02-02 16:00