2012年 02月 26日 ( 1 )

中国の商標権ビジネス


NO,3393(モデル=山本愛実さん)
a0183680_15112136.jpg


米国の I T企業大手≪アップル≫の
タブレット型多機能端末【i Pad】をめぐり、
中国企業が商標権を主張して、
アップル中国各地で訴えているが、
今度はこの企業のグループ会社が、米国でもアップルに対し、
訴訟を起こしているという。

即ち、中国のI T機器メーカー[唯冠科技]が
商標権を主張し、中国各地で【i Pad】の
販売停止を求める裁判を起こしているのは、
仰天ニュースとして世界を駆け巡った。
その[唯冠科技]の台湾の子会社が、
米国カリフォルニア州で、同じようにアップルを訴えている
というのだ。

NO,3051(モデル=天野真衣さん)
a0183680_15152910.jpg


前述の、中国 I T関連企業の幹部は、北京で記者会見を開き、
商標権を取得せずに中国に進出したのは間違いだ」と
主張し、
1998年から、この商標を使って商品開発をしてきた」と
説明した。そして、
アップルのi Pad開発の先回りをして商標登録したとの
非難を否定してみせた。

中国企業商標登録の認定が決定すると、
アップル巨額の賠償金の支払いや
商品名の変更など大きな痛手となり、
今やアップルにとって中国は、成長市場としてのメリットよりも、
進出リスクの高いデメリット市場となってきてしまった。

NO,3311(モデル=高羽恵梨さん)
a0183680_15195283.jpg


また、【i Pad】とは別に、多機能携帯電話【i Phone】の
商標権を主張する中国企業が現れたという。
この中国企業は淅江省で懐中電灯やランプ販売をしていて、
アップルが中国で【i Phone】の商標登録をしていなかったため、
2010年に商品名として登録申請したという。

商標関連で話を進めますが、
米国のプロバスケットボールNBA)の
神様と呼ばれ名選手だった[マイケル・ジョーダン]氏が、
自分の名前の中国語表記『喬丹(チアオタン)』を
無断で商標登録されたとして、中国の裁判所に提訴したと、
24日、中国メディアが伝えている。

NO,3975(モデル=大川真代さん)
a0183680_15252789.jpg


米国は、中国での映画、音楽などの違法コピー
海賊版サイトなど、知的財産権侵害の問題を
以前から抱えており、その強化を中国政府
何度も繰り返し訴えているという。

そんな中、米国が誇る世界に冠たる< I Tブランド企業 >が
商標登録足元をすくわれ、苦境に陥ってしまったが、
このことは≪世界No1の米国≫の最大の屈辱といっても
決して過言ではない。そして、

オバマ大統領の対応次第では、今年秋にも実施される
米国大統領選挙】の結果にも、
大いに影響してくると思われるのだ

NO,4174(モデル=結城サヤさん)
a0183680_15302117.jpg

by Lexus-500 | 2012-02-26 14:00