<   2012年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

中国一等書記官がスパイ活動疑惑(2)


警視庁公安部から出頭要請をされた、
中国一等書記官は、<中国人民解放軍総参謀部>
出身とされており、過去5回の入国が同公安部に
よって確認されているという。

昨日も述べたように、4年前(2008年)[外国人登録証]
を不正に入手し、<銀行預金口座>も開設、東京大学の
研究員となり、大使館員の身分を偽装していたという。

NO,7261(モデル=大川真代さん)
a0183680_14572492.jpg

スパイ容疑の一等書記官は1989年(平成元年)、
中国人民解放軍の傘下にある[語学学校]を卒業後、
<中国人民解放軍総参謀部>に所属していたと
見られている。

そして、1993(平成5年)日中友好の国際交流員
として日本に在留し、1995-1997年大学院で学び、
日中関係に関する論文も執筆、1999年には
松下政経塾の特別塾生にもなったという。

以後も本国と日本を行きして、日本語も堪能となり、
日本の文化や制度にも通じてきた2007年、
一転今度は<在日中国大使館員>の立場で、
日本に深く侵入潜航、スパイ活動を行っていたと
見られる。

報道によると、在日中国大使館当局は、
予想どおりの決まり文句「事実無根であり、全くの
でたらめ」だと反論、そして、
「書記官は、今月(5月)任期満了で帰国した」と
述べたという。

2008年、忘れもしないあの【毒入り餃子事件】、
事件発生当時、頑として中国人の犯罪を認めず、
日本犯人説を主張、日本による<でっちあげ事件>
と中国警察当局は厚かましくも被害者面したのだ。

今回の<スパイ疑惑事件>は、一等書記官にスパイ
をさせたのではなく、スパイを一等書記官に仕立てた
のであって、何かあれば[外交特権]で大使館員は
治外法権となるのだ。

産業スパイから外交官スパイまで、
何でも取り揃えている[スパイのデパート中国]に、
<スパイ天国>の日本は、今後は努々中国に
気を許してはならないと、もうそろそろ学習する
べきだと強く訴えたい。(終)

NO,7589(モデル=大川真代さん)
a0183680_15155667.jpg

by Lexus-500 | 2012-05-31 16:00

中国一等書記官がスパイ活動疑惑(1)


NO,7256(モデル=大川真代さん)
a0183680_15162549.jpg

世界大手工作機械メーカー<ヤマザキマザック>
の元中国人社員が産業スパイを働いた事件は、
ほんの2ヵ月前のことで、まだまだ記憶に新しい。

今度は在日中国大使館(東京都港区)の一等書記官
(45歳)が、4年前外交官の身分を隠して、[外国人登録証]
を不正に入手した疑いがあり、その[外国人登録証]を使って
<銀行口座>を開設し、都内の企業などから顧問料など
報酬と見られる入金が確認されたという。

警視庁公安部は、【ウィーン条約】で禁じられた
商業活動を行っていた疑いと、外国人登録法違反の
疑いで今月中旬、外務省を通じて、中国大使館に書記官
の出頭要請を行っていた。

しかし、当然のごとく中国大使館当局は、出頭要請を[拒否]し、
一等書記官は任期を終えたとして、すでに本国に出国していた。

NO,7584(モデル=大川真代さん)
a0183680_15202381.jpg

【ウィーン条約】では、これも当然ながら[罰則]はなく、
罪を科すことはできないが、同公安部は、国内法の
<公正証書原本不実記載>や<外国人登録法違反>
(虚偽申告)の容疑などで、少なくとも[書類送検]を
視野に捜査していく方針だという。

平和ボケした日本は、随分以前から≪スパイ天国≫と
呼ばれているが、今回の書記官の疑惑について、
決して『逃げ得』を許してはならず、日本政府・外務省
としても、警視庁公安当局に協力し、日本としての
断固とした態度を中国に示し、何らかの処罰を
中国書記官に科すべきだと強く言いたい。(続)

NO,4585(モデル=大川真代さん)
a0183680_1523203.jpg

by Lexus-500 | 2012-05-30 16:00

【太平洋・島嶼サミット】の諸問題(2)

(前日の続き)
日本としては、島嶼国を支援するため、
今後3年間で5億ドル(約400億円)の資金を拠出し、

併せて、中国の無秩序な援助で、島嶼国の
対中国債務が膨大にふくらみ、返済が困難な状態
になっている現状を踏まえ、島嶼支援国の協調援助
の必要性を強調した。

防災協力では、自然災害発生時に迅速に復旧費用
を調達できるよう「自然災害リスク保険」を日本の主導
で創設する。
また、人的交流では、島嶼国と日本との防衛当局間の
交流拡大を図るとしている。

NO,7240(モデル=大川真代さん)
a0183680_1442418.jpg

島嶼サミット】では、日本と島嶼国との『絆』を再確認し、
首脳宣言では、海洋安全保障を中心に、間接的だが
「対中牽制」盛り込み、野田佳彦首相としては、
一定の成果と言いたいところだが、
強かな中国と島嶼国の経済支援を通じての結びつきは、
明らかに温度差が浮き彫りになるなど、
日本にとって多くの課題があると言える。

一方、中国は【島嶼サミット】に合わせ、トンガ、バヌアツ、
サモア、ミクロネシア連邦、そして中国に配慮(?)して
<島嶼サミット>への参加を見合わせた<フィジー>などの
代表団を中国に招へいし、中国当局者らは、
会談で支援強化を約束し、日本に対し先手を打った。

25日、中国外務省の報道官は記者会見で、
中国はフィリピンとの領有権争いについて、
「南シナ海の領有権問題は当事国の直接交渉
で解決する」と語った。

これは、すでに国際社会では広く周知されていることだが、
南シナ海、東シナ海、太平洋地域への進出をもくろむ中国には、
今回初めて島嶼国サミットに参加した≪米国≫の存在が
念頭にあるのは確かだ。

そして、今回初めて議題となった海洋安全保障では
国連海洋法条約】の重要性が確認されたが、
同条約の批准に動き始めてきたことに対し、
中国は強い関心を示し、警戒感を露わにしていると
言って決して過言ではない。

NO,7574(モデル=大川真代さん)
a0183680_14463262.jpg

by Lexus-500 | 2012-05-29 16:00

【太平洋・島嶼サミット】の諸問題(1)


【太平洋・島嶼サミット】(2012年5/25・26)は、
日本の主導で、13の太平洋島嶼国(とうしょこく)・
地域が、首脳レベルで直面する色々な問題の
意見交換を行い、各国の関係強化をするため、
3年(1997年~)に一度開催されている会議だという。

NO,7193(モデル=大川真代さん)
a0183680_1416474.jpg

13の参加国・地域は、以下のとおり
①日本②クック諸島(日本と共同議長)③フィジー
④キリバス⑤マーシャル⑥オーストラリア⑦ツバル
⑧トンガ⑨サモア⑩パプアニューギニア⑪ソロモン
⑫ニュージーランド⑬ミクロネシア連邦⑭ナウル⑮ニウエ
⑯パラオ⑰バヌアツ⑱米国
(※フィジーは中国へ配慮したのか不参加?)

第6回となる今回の<太平洋・島嶼サミット>は、
沖縄県名護市で開催され、首脳宣言を採択し、
26日、2日間の日程を終えた。

首脳宣言では、[海洋安全保障]について国際法や
海洋ルールの重要性を強調し、また沖縄、尖閣諸島や
南シナ海での強引な海洋進出を進める中国を牽制した。

<沖縄キズナ宣言>とする首脳宣言は、領海を沿岸国から
[12カイリ]とするなど規定した≪国連海洋法条約≫の
重要性を確認、海洋の安全や漁業資源の管理などの
分野でのお互いの協力促進を採択した。

NO,7500(モデル=大川真代さん)
a0183680_14212134.jpg

※5/13より休載していた<大川真代>さんの作品を、
本日、5/28(月)より6/11(月)まで「毎日2点づつ」掲載します。
引き続き≪ポートレートのブログ≫をどうかよろしくお願いします。

キヤノン・バッテりーグリップの発売決定
本日(5/28)午前、予約先のカメラ販売店から
バッテリーグリップ(BG-E11)】の発売日が、
5月31日(木)に決定したと連絡が入りました

やっとこれで、6月の撮影会では<5DMarkⅢ>を
メイン機材として撮影できそうで、すごく嬉しいです。

by Lexus-500 | 2012-05-28 16:00

キヤノン EOS 5D-ⅢのBG発売日


NO,6315(モデル=森夕希子さん)
a0183680_14254392.jpg

キヤノン EOS 5D Mark Ⅲ ≫の
バッテリーグリップBG
の発売日とされる<5月下旬>が
日一日と過ぎていきます。

(※ 5/24付、下記の私のブログにも、BGがらみの話題を
掲載していますので、よかったらご覧ください)
   < http://ameblo.jp/lexus-500/ >

そもそもBGの発売をボディー本体と別にすること自体が
異常事態なのを、キヤノンは自覚しているのかどうか。

話は少しそれるが、プロ機「EOS1Dх」は昨年10月、
2012年3月下旬発売と発表しておきながら、
4月下旬と発売を1ヵ月延期し、あろうことか今度は
6月中旬と2度目の延期を発表したことは、
私の記憶に今でも鮮明に残っている。

NO,6892(モデル=森夕希子さん)
a0183680_14285752.jpg

一昨日(5/25)、予約しているカメラ販売店に
BGの発売日について、問い合わせの電話を入れました。
というのも、『カメラのキタムラ』の担当者の話として、
BGの発売日を5月31日(木)に決定したと
キヤノンから連絡があった」というネット情報が
あったため、その情報の真偽を確かめたかったからです。

しかしながら、カメラ販売店の担当者はキヤノンに
改めて問い合わせても「今月下旬の発売」というだけで、
はっきりとは明言しなかったと言います。

土日休業日のキヤノンは、実質的に28~31日の4日間
しか5月下旬は存在しない訳で、その28~31日は下旬とは
言わず、<5月の月末に発売延期>と告知するべきだ。

しかも、<1Dх>の発売延期に関しても、
<延期>という文言ではなく発売時期の変更>と、
いかにも霞が関の官僚のよく使う『責任逃れの文言
とそっくりではないか。

もうこの際は、下旬でも月末でもどちらでもいいので、
バッテリーグリップ≫を約束通り発売して、
<5DMarkⅢ>をBG付きで、6月開催のモデル撮影会では、
必ず使えるようにして欲しいと声を大にしてキヤノンに言いたい

NO,3522(モデル=森夕希子さん)
a0183680_14321225.jpg

by Lexus-500 | 2012-05-27 14:00

火の鳥NIPPON、キューバに勝利


バレーボール女子“ 火の鳥NIPPON ”は
ロンドン五輪世界最終予選兼アジア予選大会
(東京体育館・第5日)で、
日本はキューバをフルセットの3-2で勝利し、
4勝1敗の勝ち点を「11」とした。

ちなみに、今夜(5/26)のロシア戦で、3-0か3-1で勝利して、
勝ち点「3」を挙げることができれば、<3大会連続の五輪出場>が
決定する。

NO,6326(モデル=森夕希子さん)
a0183680_13571645.jpg

世界ランク3位の日本は、同10位のキューバとの対戦で、
もし敗戦となると韓国戦に続く2連敗となり、
まさに背水の陣で臨んでいたが、
①25-22、②18-25、③25-16、④23-25、⑤17-15と
3対2の薄氷を踏むフルセット勝利を飾った。

昨日のキューバ戦は第一セットの出だしから、
3-9と大差をつけられ、その後もその差が縮まらず、
ひょっとしてと私は2連敗を覚悟した。
ところが、17-22の逆境場面から、日本のエース
<木村沙織選手>のサーブで崩し、
何と日本は8連続得点を挙げ、第一セットを奇跡の
大逆転勝利したのだ。

そして、日本は第四セットで決め切れずに、
最終セットにもつれ込んだが、途中出場の迫田さおり選手、
新鍋理紗選手、平井香菜子選手の3選手の活躍が
勝利の女神を呼び寄せたと言える。

中でも<迫田さおり選手>の[バックアタック]は圧巻で、
キューバ戦のMVPは、<木村沙織選手>の大逆転サーブと
<迫田さおり選手>のバックアタック、いわば両さおり選手の活躍が
なかったら、キューバ戦の日本は文句なく完敗だったはずだ。

今夜(5/26)のロシア戦(同7位)も大変厳しい戦い
となるが、キューバ戦のように決して最後まで諦めないで、
登録メンバー20名全員と監督、コーチ、スタッフが
心を一つにして頑張ってほしいと心から願っています。

NO,6899(モデル=森夕希子さん)
a0183680_1402266.jpg


※明日(5/27)を以って、下記のモデルさんの作品の掲載は
(3/31~5/27・58日間)終了いたします。
●モデル=森夕希子さん(129点)
●モデル=冨彩花さん(39点)
●モデル=木下彩さん(6点)

by Lexus-500 | 2012-05-26 16:00

ニコン、「慰安婦写真展」を中止


NO,6311(モデル=森夕希子さん)
a0183680_14232264.jpg

東京の「新宿ニコンサロン」で、6月26日から
7月9日まで開催予定の<元従軍慰安婦>をテーマ
にした[写真展]が、会場元のニコン側の事情により
突然に中止されたことが24日、分かった。

写真展の主催者は、名古屋市在住の韓国人で、
カメラマンの安世鴻氏だが、戦後に朝鮮人元従軍
慰安婦を撮影した38点の写真を、「新宿ニコンサロン
で展示する予定だった。

[ネット掲示板]には、「ニコンカメラの不買運動をしよう」や、
ニコンに電話をして、売国行為を抗議しよう」という
写真展開催に反対する投稿が多数あったとされる。

NO,6891(モデル=森夕希子さん)
a0183680_14263894.jpg

17日、自由民主党の<領土に関する特命委員会>の
委員長・石破茂前政調会長らは、藤村修官房長官に、
米国ニュージャージー州パリセイズパーク市に設置された
<慰安婦の碑>の早期撤去を同市に求めるよう申し入れた
という。

この<慰安婦の碑>については、
今月16日・17日付当ブログでも「解決済みの外交問題
(1)(2)」として掲載しましたが、
今度は在日韓国人がわざわざこの日本の首都東京で、
慰安婦の写真展をするという。
もはや日本政府が解決済みとする<慰安婦問題>、
そんなに慰安婦の写真を見せたいのなら、
自国のソウルにでも帰って、盛大にやってればいいのに・・。

NO,3520(モデル=森夕希子さん)
a0183680_14305785.jpg

by Lexus-500 | 2012-05-25 16:00

2012年キヤノン大撮影会(3)

(5/22に続く)
NO,6307(モデル=森夕希子さん)
a0183680_14402969.jpg

外国人モデルさんのポージングの変化に合わせ、
ジャスピンに気を配りなががら、
テンポよくシャッターを押し続けていたら、
私にとってショット数の新記録となる[約3,900ショット]の
シャッターを切ってしまっていました。

キヤノン大撮影会≫は午前、午後の部の撮影時間が
それぞれ90分で<合計180分間(移動時間含む)>ですので、
1分当たり約22ショット、約2.7秒間に1ショットのシャッターを
切っていたことになります。

ちなみに、4月22日のカメラ販売店主催の大撮では、
[約2,990ショット]を切っていましたが、こちらは撮影時間が
合計175分間(モデル休憩除外・移動時間含む)
でしたので、1分間当たり約17ショット、
約3.5秒間に1ショットとなります。

[3,900ショット]というと、例えば<36枚撮りフィルム>
に換算すると、108本分となり、リバーサルフィルム
1本600円として、64,800円のフィルム代となってしまい、
撮影したリバーサルフィルムの現像代と合わせたら、
1回の撮影会参加費用として、決して現実的ではなく、
改めてデジタルカメラの利点を再確認したことになります。

NO,6861(モデル=森夕希子さん)
a0183680_1445273.jpg

今回の≪キヤノン大撮影会≫で、6名の外国人モデル、7名の
日本人モデルが出演していましたが、私の第一の参加目的が
外国人モデルさんを被写体としたポートレート作品づくりですので、
いつでも撮影可能な日本人モデルさんは、この際ほとんど撮影
しませんでした。

そして、無我夢中で二人の外国人モデルさんを、
午前の部と午後の部に分けて、時間とメディア容量が続く限り、
撮り続けていたら、もう少しのところで4000ショットというところ迄
きてしまったという訳です。

ところで、余談ですが、今回もいました・・・[自己中のカメラ女子]、
今回は女子といっても、もはや中年後半の方ですが、
後方確認も断わもなく横入り撮影する中年女子・・・、
そして、一言のお詫びもなく平然としたその態度・・・、
縦位置の迷惑な右ひじ撮影、大撮影会ではSBを
下側に下げて撮影するか、BG装着するか、縦位置SB
標準装備のプロユースカメラにするか・・・、
自己中は「私などオヤジたちの専売特許」だが、
毎回毎回、『大撮影会のマナー違反するカメラ女子』には、
一体全体どうしたものかと、いつも私は思案にくれるのだ

NO,6937(モデル=森夕希子さん)
a0183680_14483030.jpg

by Lexus-500 | 2012-05-24 16:00

火の鳥NIPPON、開幕3連勝


NO,6308(モデル=森夕希子さん)
a0183680_141973.jpg

バレーボール日本女子=“火の鳥NIPPON”は、
【ロンドン五輪世界最終予選兼アジア予選女子】
(大会第3日)で、見事開幕3連勝を飾った。

世界ランク3位の日本は、同12位のタイを
25-17、25-18、25-21のストレートで撃破し、
日本と同じく3連勝しているロシアを得点率で
上回っているため、日本は首位(22日現在)に立ったのだ。

<ペルー戦・台湾戦>と違い、昨日の<タイ戦>では
相手ミスにも助けられ序盤からリズムをつかみリード、
タイの反撃を江畑幸子選手らの活躍で第一セットを先取した。

第二セットは粘り強いタイに中盤で追いつかれたが、
江畑幸子選手や岩坂名奈選手の攻撃でタイを突き放し、
第三セットも集中力の上回る日本が、タイの猛攻を抑え、
粘るタイを振り切ってストレート勝利した。

NO,6873(モデル=森夕希子さん)
a0183680_14235970.jpg

  ≪日本ータイ≫(5月22日・東京体育館)
【最多得点】⇒江畑幸子選手=21点
※エース木村沙織選手より勝っていた。

●スパイク得点⇒①江畑幸子選手(17点)
           ②木村沙織選手(11点)
           ③山口舞選手(5点)

●ブロック得点⇒①狩野舞子選手(4点)
           ①木村沙織選手(4点)
           ①江畑幸子選手(4点)
 ※途中交代出場の狩野舞子選手のブロック4得点は、
   特筆すべき価値のある得点といえる。

●サービスエース⇒①岩坂名奈選手(1点)
            ①竹下佳江選手(1点)

<日本ータイ戦>は第二のエース江畑幸子選手の
攻守にわたる活躍が、強く印象に残った試合だった気がする。
火の鳥NIPPON”は第四戦を宿敵韓国と今夜(5/23)対戦する。
ここまで1勝2敗の韓国は、日本にだけは負けまいと、
目の色を変えて挑んでくるだろうが、日本は決して負けないと
固く信じてTV観戦したいと思っています。

NO,6942(モデル=森夕希子さん)
a0183680_1427484.jpg

by Lexus-500 | 2012-05-23 16:00

2012年キヤノン大撮影会(2)


NO,6305(モデル=森夕希子さん)
a0183680_14352546.jpg

キヤノン大撮影会での撮影レンズを何にしようかと
撮影場面をシュミレーションしながら、随分と悩んで
いました。

当初は、この際思い切って、望遠単焦点の<EF200/F2>
(通称=ニーニー)を持ちだそうと決心し、
万一の雨対策に[キヤノン純正レインカバー(ERC-E4M)]
まで購入、その気充分だったのですが、
前日になって変心してしまい、『金太郎飴』を避けるべく、
安全策をとって、ズームの<EF70-200/F2.8L ISⅡUSM>
に変更してしまいました。

[カメラボディー]は、現在5DMarkⅢ用バッテリーグリップが
未発売のため、5DMarkⅡの2台体制で撮影に臨みました。
メインの70-200/F2.8には一脚を装着し、今回はストロボ
を愛車に搭載していましたが、軽装備重視のため装着はせず
に撮影しました。

NO,6857(モデル=森夕希子さん)
a0183680_14391983.jpg

そして、問題は<サブレンズ(手持ち撮影)>に
何を持ち出すかでした。
これも当初は、私のお気に入りレンズ<EF135/F2>に
する予定でしたが、より軽く(25グラム)明るいレンズとして、
トリミング覚悟で<シグマ85/F1.4>にしました。

といかく広い公園(187万㎡)が撮影会の会場なので、
撮影場所の移動距離が長くしんどいため、
無駄な体力の消耗を抑える必要があり、
且つ、撮影のモチベーションを保ちながら、
いかにテンポよくシャッターを切るかが、
大撮影会においては、よい作品を撮るための
最大の秘訣だと思っています。

NO,6923(モデル=森夕希子さん)
a0183680_14424486.jpg

by Lexus-500 | 2012-05-22 16:00